コラーゲンの効果って・・・?

一般にコラーゲンといえば、お肌がプルプルになるとか、ハリがでるとか、とにかく美容にいい成分というイメージですよね。多くの食品にコラーゲン入りとの表示があったり、コラーゲン配合のサプリメントも売られています。しかし生物的なコラーゲンの役割としては、骨・軟骨、皮膚を構成するというものです。臓器の形成、結合などにも関与し、さらには細胞分裂の際などの足場としても活躍します。美容に最適かどうかは別として、私たちの体に必要不可欠な成分です。

食べても飲んでも無駄だった!?

ついついコラーゲン配合の食品に手を伸ばしがちですが、実は口からコラーゲンを摂取してもあまり効果はありません。コラーゲンはタンパク質性の物質であり、口から体内に取り込まれるとその他のタンパク質と一緒に小腸で吸収され、アミノ酸に分解されてしまいます。要するに、コラーゲンとして摂取しても、本当はアミノ酸として摂取されているということです。糖尿病患者の方を思い出してください。血糖値をさげるインスリンを摂取するのに錠剤ではなく、注射を使用しています、これもインスリンという物質がタンパク質性なためです。

どうすればコラーゲンを摂取できる!?

実は化学的にはそこまでコラーゲンの美容性については実証されていないのですが、それでもできるならコラーゲン摂取しておきたいですよね。でも今までみたいになんでもかんでもコラーゲン配合の物に騙されないでください。そんな簡単に経口摂取できるなら、糖尿病患者だってインスリン注射しなくて済むのです、錠剤で飲む方が楽なのに、それができないから直接血管内に投与しているのです。ではどうすればいいのでしょうか。ビタミンC誘導体、ビタミンB3、ビタミンAを摂ってください、これらはコラーゲン生成を促進するので、きっとサプリを飲むより効果的に良いでしょう。

品川美容外科の裁判について詳しく